まどのホタル

未経験からプログラミングを始めた主婦の日々の学習記録

ごあいさつ

f:id:kay_berry:20130628152645j:plain



 

初めまして、Kayです。

このブログは至って普通の主婦がひょんなことからプログラミング学習を始めるにあたって、日々の学習を記録するために始めました。

 

まず始めに私自身のことや、なぜプログラミングを勉強することになったのか、などを書いてみたいと思います。

 

 

 自己紹介

 まずは簡単に自己紹介から。

 

・30代、もうすぐ5歳と2歳男児の母

・学生時代の専攻は英言語学

・元貿易実務職

・結婚後、主人の海外赴任のため中国で約6年半生活

・中国生活中に北京語言大留学、現地で妊娠・出産・子育てを経験

・子供の病気治療のために帰国、現在久々の日本でワンオペ育児中

・英語と中国語まぁまぁできる

 

ざっくりですが、こんな感じです。

 

プログラミングを始めることになったきっかけ

 

こんなプログラミングとは無縁だった私が、一念発起して未経験から勉強を始めることになったのは、本当に色々な偶然や出会い、考え方や心境の変化が重なり合ってのことでした。

 

 もし将来主人に何かあったらどうする?

 

うちの主人は仕事もとても頑張ってくれているし、家庭も大事にしてくれ、子供達にとっても良い父親です。私も今の生活に大きな不満はないし、本当に感謝しています。

 

でも、人生って本当に何が起こるか分かりませんよね。

 

当たり前だった生活が当たり前じゃなくなる、うちには無関係だろうと(特に根拠もなく)思っていたことが自分の身に起こる。。。ここ数年、身をもってそう感じさせられることが多々ありました。

 

今は元気に働いてくれている主人も、この先いつ働けなくなるか分かりません。漫画家の西原理恵子さんが、死なない夫と潰れない会社はない、なんて仰っていましたが、本当にその通りだなと。

 

そうなった時に、特に何の専門知識も持たず仕事からも離れて久しい今の私は、二人の子供を働きながら育て、大学まで出すことができるだろうか。。。

近所のパート程度では到底無理です。

 

学生時代は語学ばかりやっていて、その流れで語学が活かせそうな職に就きましたが、その仕事が本当にやりたかったことかというとそういうわけでもない。

 

結婚して主人の仕事の都合で長く海外に住み、子供が生まれてからは育児中心の生活でした。ここから社会復帰を目指すなら、今度はちゃんと手に職をつけたい( = 環境が変わっても自分のスキル次第でどこでも働ける)、きちんと専門知識を学んだ人だけができる仕事に就きたい(= 専門性が高い方が一般的に高収入)と考えました。

 

子供の手術から半年経って

 

とは言っても、下の子が生まれてから一年半くらいの間は、正直社会復帰に向けて何か始めようなどと真剣に考える余裕なんて全くありませんでした。

 

実は、下の子は先天性心疾患を持って生まれてきました。

上の子はもうすぐ5歳になりますが、妊娠・出産から今まで大きな健康上の問題もなく育ってきたので、当たり前のように下の子もそうだと思っていました。

でもそうじゃなかった。

まさかうちの子が。何で我が子が・・・です。

 

仕事がある夫を中国に残して、下の子の療養と手術のため、私と子供たち二人は日本に戻ってきました。

その後我が子は大きな心臓の手術を受け無事成功し、大人になるまでずっと定期的なフォローアップは必要ですが、普通の生活を送れています。でも、このことをきっかけに我が家の生活環境は激変しました。

 

術後半年の検査で大きな問題はなく、私の中でようやく我が子の病気は一区切りついた気がした頃のこと。

自分の将来のことを考える余裕が少し持てるようになり、この経験から、この先何かあって生活環境が変わっていっても続けられる仕事って何だろう?と考えるようになりました。

 

プログラミングに興味を持ったのは〇〇がきっかけ!?

 

ここまでは、将来は何が起こるか分からない。専門的なスキルを身につけて社会復帰のために何かしたい。子供の病気もひと段落して自分のことを少し考えられるようになった、またそれをきっかけに人生観が変わった、という話でした。

でもまだ直接プログラミングに話が結びつきませんよね。

 

私の考え方や心境に色んな変化があった頃、プログラミングを勉強したい!!と強く思うに至ったのは、何の気なしに読んだとある漫画がきっかけでした。

今まで結構真面目な話をしてきたのに、いきなり随分とミーハーな理由ですみません。。。でもこれには本当に衝撃を受けたんです。

 

私がその時に読んだ漫画がこちら。

renta.papy.co.jp

 

 話の舞台はIT業界。

「孤独な天才ハッカー少年とエンジェル投資家の世界征服の話」です。

まぁこれだけ読んでも意味不明ですねw

 

最初は孤独だった天才ハッカー少年が、その才能で数々のサイバー事件を解決する中で、信頼できる仲間を手に入れて、大きく成長していく物語です。

読み始めたら最後、もう続きが気になって仕方なくて、最後まで夢中になって読みました。

 

そして読むにつれ、プログラミング、私にもできるのかな?やってみたいけど、こんな普通の文系主婦にはムリかな。。。という思いが。

 

これが将来の社会復帰のために何かしたい、と思っていた矢先に、急に芽生えたプログラミングへの最初の興味でした。

 

「ウェブカツ」との出会い

それからというもの、暇さえあれば「未経験」「プログラミング」「主婦」などという検索ワードで情報を調べまくりました。

 

調べていくうちに、プログラミング学習は決して甘いものではないけれど、でもエンジニアやプログラマーというのは、結婚、出産、育児などでライフスタイルが変わりやすい女性にこそ向いている職業であることが分かりました。

 

もちろん実力次第ですが、時間に融通が効きやすく、パートよりも時給が良くて、在宅勤務も可能。初期投資もパソコンくらいのものなので、始めやすい。

 

この時点で勉強してみたい!という気持ちは固まり、あとはどうやって勉強するか悩んでいた時のこと。

複数のオンラインスクールを検討して決めきれない中、たまたま読んだとある子持ち主婦の方が書かれているブログで、「ウェブカツ」というオンライン学習スクールの存在を知りました。

 

webukatu.com

 

トップ画面に「本気で年収1000万稼ぎたい人のためのオンラインプログラミング学習スクール」と大迫力の文字で書かれています。

それまで調べていた他のどのスクールとも毛色が違う、超異端児的な第一印象でしたw

 

本気で稼ぐために実践力を鍛えるスクール、顧問もスクール生もとても熱量が高く、まさに体育会系の部活そのもの。

 

そして「ウェブカツ」では女性エンジニアを応援していて、受講料の女性割もあるという。。。(毎日Twitterで進捗報告、月二回のブログ報告等の条件付き。現在は廃止になってしまいましたが)

 

スクール生はブログやTwitterで学習状況を積極的に発信していて、やる気とレベルの高さを感じました。実際に勉強している女性たちの声をたくさん聞けるのも魅力的だし、刺激になります。

 

趣味程度にやりたいわけじゃない。確かなスキルを身につけて稼げるようになりたいから勉強したい。そういう想いと一致するスクールだなと思えたので、ここで学ぶことを決心しました。

 

私は何事もタイミングと、ちょっとのきっかけがすべてだと思っています。

だから、私にとっての始め時は少し前ではダメで、この時だったのだと思います。

(2019.08.31学習開始)

 

それではこれから学習記録を書いていきますので、よろしければお付き合いください!

twitter(@Kay60883383)でも毎日の学習進捗報告や、制作物をupしていますのでフォローいただけると嬉しいです^^